線作業用器具耐電圧試験装置

 弊社の「M-87型」活線作業用器具耐電圧試験台は、断路器操作用フック棒等の活線作業用器具を同時に5つまでセットすることができ、個別に試験をするのに比べて、大幅に試験時間を短縮することができます。また、JIS-C4510に準拠した絶縁抵抗測定と耐電圧試験に加えて、試料ごとの“漏れ電流”も測定できるようになっています。耐電圧試験に合格する器具の中でも、劣化の度合いには差があり、劣化の進んだものほど“漏れ電流”は多くなります。この“漏れ電流”を測定することによって、より正確な絶縁劣化診断ができるようにしたものです。
 この「M-87型」活線作業用器具耐電圧試験台と弊社製100kV-10kVA絶縁耐力試験装置を組み合わせることによって、“活線作業用器具耐電圧試験装置”としてお使いいただけます。
◆装置構成
制御盤 型式 ラック型・電圧調整器内蔵型
入力 AC200V(50/60Hz)
外形寸法 H1400×570×770mm
質量 180kg
試験用変圧器 型式 油入自冷式
定格出力電圧 100kV
定格容量 10kVA
外形寸法 H1545×505×700mm
質量 350kg
「M-87型」
活線作業用器具耐電圧試験台 
耐電圧試験電圧値 最大AC75kV
被試験試料数 5
漏れ電流測定値 (単体)最大250μA
(総合)最大5mA
外形寸法 H1075×2400×870mm
想定負荷 断路器操作用フック棒、検電棒、接地棒等



【活線作業用器具耐電圧試験装置構成図】





【「M-87型」活線作業用器具耐電圧試験台】


製品案内画面へ戻る